2011年11月5日土曜日

南三陸町 寄木浜辺の里

今日は東北の震災以来初めて東北地方へ行きました。
夫の実家が秋田県森岳(能代の近く)、新婚時代に3年間福島県郡山市に住んでいたこともあり、どこか、親近感があります。
震災の後、見学に行くのも変、私なんかが行ってもがれき撤去も引っ越しの手伝いも出来ないし、と、心の片隅で何か気になっていました。

今回、聖グレゴリオの家宗教音楽研究所に、ドイツから多額の寄付金が届き、所長の橋本周子先生が顔の見える支援をしたい。と、さがされた結果、南三陸町 寄木地区のわかめ漁復興の支援に使って頂くことになりました。それを届けるために行かれるのに同行させてもらいました。

http://goo.gl/a0CDy ここの畠山鉄雄さんが代表者さんです。
私には良くわからないつながりなのですが、<ゆの実会>と言うグループの中の方とのつながりから、支援が決まったようです。http://www7a.biglobe.ne.jp/k_ofuji/yunomi-WithUsProject.html

と言うことで、ゆの実会の方、グレゴリオの家から、総勢19人で、押し掛けて行きました。

とにかく、お天気がよく素晴らしい1日でした。

あまり上手く撮れていませんが、志津川中学校。よくニュースに出ていました。山が塩をかぶって茶色くなっています。この辺りからはまだ海が見えません。でも山の中腹まで、波が来たのですね。
ご飯を前に寄付目録の贈呈式です。

サケのちゃんちゃん焼き。ご飯と一緒に食べるとおいしいです。
お刺身!


わかめの芽株です。
これを4〜5センチに切って、ロープにはさんで行きます。
はさんでいるところ。



 はさみ終えたロープを船に積んで、少し沖に出て、
おもりと浮きを付けて浮かべて行きます。



 本当にいいお天気で、観光船に乗っているみたいになってしまいました。
タコも名産だそうです。タコ網も見せてもらいました。
このあと、畠山さんの仮設住宅へお邪魔をしました。畠山さんがテントを寄付してもらい、そこでみんなで集まってお茶会をしたり、おしゃべりを出来る空間を作っておられました。
また、プレハブも1棟建てて、そこではミシンを並べて奥さん達が、いろいろ縫い物をして販売をしておられるそうです。そのための生地なども集めておられます。残念ながら、商品を卸されたばかりで、現物はありませんでした。縫い物棟の前で手製のキッチンキャップをかぶっておられま。なかなか素敵でした。

ただの報告になってしまいました。いろいろ考えたことはあったのですが、取りあえず今夜のうちに書いておかないとと思ったものですから。

農業、漁業を大事にしていかないといけないと思います。そして、海に、大地に根ざして行きる素晴らしさを感じさされました。あんなに大変なことがあっても、やはり、海は美しく、宝庫でもあります。それをしっかり守って生きて行こうとしておられる方々の、心底からの強さを感じました。

どういう形で私自身がこれから関わっていけるのか、まだ、考えはまとまりませんが、とにかく現地に行って来て、お話を聞いて、一緒に船に乗って良かったと思っています。

2011年10月24日月曜日

柿の渋抜き

結局、70個ほど採りました。はしごに登りましたが、周りにいろいろはえていて、1人ではなかなか上手く採れません。
その上、見張っていないと花子が次々に持って行くしで、大変でした。
結局高いところはあきらめました。
夫はこれは富有柿だというのですが、どう見ても渋柿。
数日前に一つ食べてみると、食べられる物ではありませんでした。花子は平気ですが。
ネットで検索して、焼酎につけて、ゴミ袋に密閉しました。
食べてみたい方は、数日後にお声をかけて下さい!?(・_・;?
今、売れすぎてじゅくじゅくになったのを食べたら、渋く無くて甘かった!

2011年9月24日土曜日

旅行 to UK_その3〜2011年9月8日

旅行3日目について思い出そうと思っているのですが、間に東京のレッスンが入って、そろそろ明日で帰国から1週間、記憶が定かではなくなってきました。
まず、ホリデイインの朝食は前日と同じ。この日は、前日一緒に泊まったSも一緒です。ヨーロッパのホテルは気楽です。部屋を借りてる感じなので、3人で予約しているところに、4人泊まってもなんにも言われませんでした(気付いてないだけかな?)もちろん食事代は払いました。

その後、前日に続き、ロンドンが初めての夫のために、ロンドン観光のモデルコースです。
まず、地下鉄の駅に行きます。Bond street か、Green park かどっちかだったのだけど忘れました。
そしてOyster Cardを券売機で買います。初回はカード購入のデポジットが£5含まれて、£10分のチャージとで、£15払いました。(私は前回4年前に言った時のを持っていたので、そのままチャージ出来ました)これを使わないと、ロンドンの地下鉄やバスはかなり割高になります。券売機で、クレジットカードで簡単に買うことが出来るので、ぜひ使って下さいね。バスも、地下鉄も使えます。1日頭打ちの料金も有り、(今、調べると1日£4ーずいぶん安いですね)便利です。ただ、改札でタッチした時に残高がきちんと表示されないので、ちょっと不安になります。滞在日数×£4を入れておけば安心です。足りないと、罰金が有るようです。それと、息子が間違っていっぱい引かれる時が有るから、気をつけろって言ってましたが、どうやって気をつけるのかな?詳しくは、http://www.visitbritainshop.com/japan/travel-transport/product/visitor-oyster-card.html をどうぞ。
でも、どうしてOyster、<牡蠣>なんでしょうね。ご存知の方教えて下さい!

そして、地下鉄に乗って、(多分Central lineのHolbornまで行ったのかな)
大英博物館に行きました。
これが、2000年に作られたガラス張りでとっても明るい中庭、Great Court。これもノーマン・フォスター作品です。
彼はロンドンの景観を変化させる建築家のようです。

あとは、一路、ミイラを捜しに行きました。というのも、M子が中学生の時お友達と1ヶ月間ロンドン短期留学したのですが、その時はミイラは神戸に出張中、彼女が日本に帰ると、ミイラも帰って行ったので、かM子はとても見たがっていたのです。

そして、大きなミイラは見たのですが、なぜか「ジンジャーさん」(赤毛のミイラ)が見つからず、がっかりしました。(これは後日談有り)


私はこの猫さんが一番気に入りました。
本当に美しい気品のある姿です。

その後、この猫さんの前にいた鳥さん、Sは、同じ顔をしています。

ここは、結構気に入ったのに、どの時代のどこの物を展示していた部屋か忘れました。また、後で暇を見つけて調べます。

後はお決まりのロゼッタストーンを見て、簡単で、あまり真面目でない大英博物館見学は終わりにしました。
そうそう、ここも入場無料です。
ロンドン塔入り口前
写真撮影も自由です。

その後、セントポール寺院も見た気がするのですが、写真も無いし、おかしいですねえ。印象に有りません。
次は、ロンドン塔へ行きました。
なんだか、テーマパークのようで、現実味があまり有りません。
9年前に来たときはもっとくらい雰囲気だったのですが。
昔、動物園のようなこともやっていたらしく、こんな飾りもあちこちに有りました。一瞬、囚人を襲わせたりしたのかと思ったけど、まさか、ローマ時代でもあるまいし、そんなことは無かったようです。


ちょうど番兵さんの、来る時間だったようで、ゲートを入ったところで、説明の機械を借りていたら、行進にであいました。ここは、日本語の説明を聞きながら歩いた方が面白いので、それぞれ借りて聞きながら歩きました。ここは、王室の持ち物の例にもれず、入場料お高めで、1人£17でした。
写真の右端にロンドン塔名物のカラスが写っています。
圧巻は動く歩道に乗ってみる、クラウン・ジュエルです。世界最大のダイヤモンドを見ることが出来ます。
そして、こういうのを今も現実に使うことが有ると言うのですから驚きです。ロンドン塔は歴史のテーマパークのようでありながら、今も使われていると言う、イギリスの不思議さをかいま見た気分です。

ロンドン塔から出ると、タワー・ブリッジをわたりに行きました。そろそろ、夕方が近づいています。跳ね上がるのは、1日に2〜3回だそうでSは見た事が有るそうですが、今回は見ることが出来ませんでした。中に登ることも出来るようですが、時間が過ぎていました。下は、タワー・ブリッジ付近から見た、新しいロンドンの、ビル街です。右端に見える建築中のビルが「The Shard」完成すると、ヨーロッパで一番高いビルになる、とのSの説明に、家族声をそろえて、「ひくーっ!!」ヨーロッパには高層ビルが少ないんですね。とっても不評な建築だそうです。右の写真が、わたりながら見た、タワー・ブリッジです。
この日は、もう少し早く観光を切り上げるつもりだったのですが、この時点でもう、6時頃でしょうか。
パディントンが夜7時15分発の列車で、次の目的地、
New Portに行くつもりだったのが、すっかり遅れてしまいました。


この後、ホテルに戻り、荷物をピックアップして、パディントン駅に行きました。
駅で、時刻表を見ると、30分後に、8時15分発が出ると言う時間、その間に、パブで食事をしようと言う、よく考えれば無理な話。駅の2階にある、結構感じよいパブ(Sの行きつけの店)で、しっかり食事をして、8時15分にも乗り遅れ、結局、9時台の列車に乗り、ニューポート到着は11時過ぎ。タクシーもいなくて、☎で呼び、この日のホテル、Hilton New Port には12時前の到着となりました。

http://www1.hilton.com/en_US/hi/hotel/NEWNEHN-Hilton-Newport-hotel/index.do?WT.mc_id=EPEMHIPreaEN

2011年9月21日水曜日

旅行 to UK_その2〜2011年9月7日

そう言えば6日の入国審査のこと、書き忘れてました。
日本でやるように、家族が別々に列に並びました。
私が1人で行ったところ、「1人で来たのか?」(英語で)と聞かれたので、
「家族三人で」と答えると、
「窓口に一緒に来なさい」と言われたので、夫を呼びましたが、
娘は違う窓口にもう行ってしまっていました。
それで、「あれが娘です」と指差すと、
「いくつ?」「2*才」「あ、そう、まあ良いわ」
後で、娘に何を聞かれた?って聞いたら、おじさんが日本語で、
「何しに来た?勉強か?仕事か?遊びか?」ってとっても偉そうに聞いたそうです。
なんか、英語で言うと、単語をそうやって並べるのは普通だけど、日本語だととっても偉そうに聞こえるのは不思議ですね。

旅行2日目です。
ホテルは、まあまあと言う感じです。Oxford CircusのHoliday Inn, 宿泊施設のとても高いロンドンでは、まあ何とかお値段と質がギリギリ釣り合うと言う所でしょうか。それでも、数年前に泊まった時は、£1が250円近く、今回は130円前後と倍近い開きが有ります。日本の経済に取って好ましいことでは有りませんが、旅行者にとっては、ずいぶん楽になりました。まあ、実際のお値段は
Holiday Inn Hotels and Resorts Hotel Reservations | The Official Website
http://goo.gl/9y9lh
でごらん下さい。予約は簡単に取れます。
朝食は、Full English Breakfast のビュフェ形式です。
シリアル、卵、ソーセージ(ネトッとしたイギリス独特のもの。粉が入ってるのかなあ?)、ブラックプディング(豚の血の入った真っ黒のソーセージを薄く切って焼いたもの。初めて見ると意味不明の食べ物)、ベイクドビーンズ(日本人にはトマト味の煮豆にしか思えないけど、どうしてベイクドなの?)、トーストの薄切り、デニッシュ、ヨーグルト、果物、全種類制覇!あ、シリアルは食べなかった。パンの味が今一だったのに少しがっかり。

その後、身ごしらえをして、さあ、街へ出発!
Tube(地下鉄)に乗るのも面倒だし、取りあえず歩くことにしました。
さて、どこに行ったっけ。

まず、ホテルを出て、まだ開いていないブランド店がたくさん有るニューボンドストリートを通り抜け、
ピカデリーへ。グリーンパークにそって歩いていると、日本大使館が有りました。ちょっと記念撮影!
角を曲がって、グリーンパークの中へ入ると、おっ、馬車が来ました。

そのまま、バッキンガム宮殿まで行きましたが、なぜか、衛兵交代はお休み!
なーんだ、とちょっと中をのぞきました。
その後、どこを歩いたのだったかしら。歩いて行くと、最高裁判所(あってるかなあ)があったので、職業柄どこに行っても裁判所を見るとちょっと喜ぶ夫が記念撮影。
そうこうするうちに、ウエストミンスター寺院に到着。
このすぐ近くに、ウエストミンスター大聖堂が有り、あれ?二つあるの。と言いながら、ガイドブックをよく見ると、Westminster Abbey はイギリス聖公会の教会、戴冠式やロイヤルウェディングをするところ。(有名な方)、Westminster Cathedralはイギリスカトリックの中心。カトリック信者ながら、カテドラルは失礼して、寺院の方へ。それにしても、なんで寺院て言うのかしら。


ロイヤルウェディングの絵はがきを買おうかと思ったけど、持って帰っても、どうしたら良いのかわからないからやめました。

その後、ビッグ・ベンをまわりから眺めて、

Westminster地下鉄駅の中で、ちょっとお恥ずかしい話ですが、トイレを探しまわりました。う〜ん、30ペンス無いと入れない。まだ、ロンドン2日目で小銭が無い。トイレに行けないよお、と思いながら、3人のポケットを引っ掻き回して、小銭を捜し、結局、管理人さんが£1を両替してくれたんだったか、何とかなりました。ヨーロッパ旅行には、とにかくトイレと、チップ用の小銭が必須ですねえ。まず、空港でお茶でも買ってくずすことでしょうか。

今度は北へ向かって、Pariament st.をとことこ行くと、なんだか警備の厳しい門が。首相官邸です。

もう少し行くと、馬に乗った警備の人と記念撮影。
Horse Guardsと言う建物でした。

そのまま北上すると、トラファルガー広場に到着です。

ナショナルギャラリーに入ります。
ラファエロ、ダ・ヴィンチ、レンブラント、etc.etc.etc. 思いっきりたくさんの、学校時代の教科書レベルに有名な絵たち。なんか、日本で見たこともある絵も何点か。あまりにたくさん見ているうちに、ラファエロはべた塗りの塗り絵見たい、なんてひどい言葉もMの口からぽろり。レンブラントは良いですねえ。若い頃と年取ってからの自画像の差には、見入りました。なお、入場料は無料です。何度でも、出たり入ったりも出来ます。
お腹がぺこぺこになりました。ミュージアムカフェで、一休み。

一息ついて、今度は北西方向へCharing Cross駅からストランド通りを歩きます。コートールド美術館は素通りして、王立裁判所の前を通り、まだまだ西へ、セント・ポールも通り、Cannon Street駅の前を抜けました。やっと、今日のSとの待ち合わせ場所、ロンドンブリッジの上に到着です。Sはすっかりロンドン子のような出で立ちで現れました。



そこからはかれに案内されて、ノーマン・フォスターの建築物を見ながら、また歩きます。右は、キュウリとも呼ばれている、「30セント・メアリー・アクス」
なんだかどこが真っすぐかわからなくて、写真が歪んでます。

左はなんだか忘れました。



その後、Sに案内されて、夕食を食べました。
その後、彼の間借りしている家を見せてもらいに行きました。
それがかなり遠くて、M子はブーイング30連発、彼の家は、今若い人のはやりの地域だそうで、昔は歓迎されなかった、イーストロンドンの地域です。30前?の女性デザイナーの持っているアパートの1室を借りています。もう1人の同居人は26歳の青年社長だそうです。
写真を勝手にアップすると怒られそうなので、やめておきます。
その後、Sも旅行の用意をして、電車に乗って、ホテルに帰りました。
1日で27000歩歩いた一日でした。

2011年9月20日火曜日

旅行 to UK_その1 2011年9月6日

久しぶりで、家族旅行をしました。台北で大学院の授業が始まってしまった、Y子だけは一緒に行くことが出来ませんでしたが、彼女とは9年前と4年前にもロンドンに一緒に行ったので、まあ勘弁してもらいましょう。

朝、5時半前に家を出て、車で神戸空港へ。
神戸空港に車を停めて(駐車料金はベイシャトルを使うとただになります)、6時半のベイシャトルで、関空に向かいます。
7時10分には関空に着いたので、我が家としては上出来です。

チェックインをして(ANAのマイレージでルフトハンザのチケットを取ったので、インターネットチェックインは出来ない!)早々に出国審査もして、中に入りましたが、関空は中に入ってしまうとカフェがとっても少ないです。結局、朝食はスタバと言うことになりました。

LH741関空9時40分発、フランクフルト14時50分着(時差は7時間です。)
乗り継いで、LH914 フランクフルト16時20分発、ロンドンヒースロー16時55分着(独英の時差1時間)
ようやくロンドンに着きました。

フランクフルトから息子のSに電話をかけて、Addison Leeのタクシーを予約してもらいました。
Minicabで、町を流さずに予約だけでやっている会社です。Blackcabより安くて、決めた料金で行ってくれます。とても便利です。ちなみに、はっきり覚えていませんが、£79だったかしら。ネットから予約した時点でカード引き落としで、チップもいりません。
Addison lee ミニキャブ

初日の宿、Oxford circusのHoliday inn に到着しました。
ホテルで、Sと合流し、夕食を食べました。

2011年6月6日月曜日

コンサートご案内。

日時:6月13日12時20分〜45分まで。
           場所:基督教団東梅田教会
           入場料:フリー
           曲目:ブクステフーデ「来たれ聖霊、主なる神よ」
                   バッハ「悩み苦しみの極みにて」
                   メンデルスゾーン「オルガンソナタ第6番」


東梅田教会のオルガンが新しくなって、初めて弾かせて頂きます。今日は初練習をさせて頂きましたが、まろやかでまとまりの良い、弱音から強音まで美しい楽器だと感じました。メンデルスゾーンのソナタ6番はぴったりだと、うれしくなりました。どうぞ、新しい梅田を探検しつつ聞きにいらして下さい!

2011年3月31日木曜日

東日本大震災チャリティーコンサート

4月11日(月)午後2時より宝塚市文化振興財団の主催で、
宝塚ベガホールでチャリティーコンサートを行います。
オルガニスト5人が参加します。
皆さんが良くご存知の曲を集めた楽しいコンサートです。
子供さんもいらして下さい。
私は、Isojinaのメンバー何人かと、教会のSop.浅野純加さんと一緒に、
Salve Regina(めでたし、天の妃)グレゴリオ聖歌、フォーレ

主よ、人の望みの喜びよ
Ich ruf zu dir, Herr Jezu christ (BWV639)
(主なるイエスキリストよ、私はあなたを呼ぶ)
Wenn wir in höchsten Nöten sein (BWV641)+苦しみ悩みの
(苦しみ悩みの極みにある時)
Pie Jesu (Faure) 
(あわれみ深いイエスよ)
Ave verm corpus (Mozart) 
(聖なる御体)
を演奏します。 

2011年3月23日水曜日

神戸S学院大学卒業式

20日の日曜日、神戸S学院大学の初めての卒業式でした。
キリスト教精神を歌っていて、礼拝を含めて式が行われました。
4年前にポートアイランドに出来た、小さな新しい大学、初めての卒業式です。
http://goo.gl/GjBli
ハモンドオルガンでBGMや賛美歌の伴奏を弾くお仕事をしてきました。
ふと気付くと、うちの末っ子、今イギリスのウェールズ大学にいる息子と同い年です。
息子の卒業式は9月ですので、同い年と言うことを忘れていました。
彼らは、16年前の1月17日幼稚園児の時に阪神淡路大震災に遭い、
避難所になっている小学校に入学しました。
校庭には仮設住宅が建っていました。
そして、就職超氷河期を乗り越え、大学を卒業するその時が、
今度は東北関東大震災です。
あの時、幼稚園児だった子供達が復興した神戸で社会人になるのです。
不況の中での国難とも言える大震災、彼らの前途は厳しいかも知れませんが、
みんなが大学を巣立っても幸せに頑張ってくれることを祈ります。

チラージン


とっても安い、副作用も無い、だけど飲んでいる人は、ほとんど一生飲んでいます(中には、いらなくなる方もありますが)
この平凡な薬が、福島県いわき市のたった1つの工場で、日本全国の98%作られていたのです。
この薬が必要な人の中にも、無くなれば命に関わる人から、
まあ、1ヶ月くらいなら、少ししんどくなる程度の人までいろいろ、差があります。
流通在庫があるようですから、とにかく、大手の病院などが買い占めをしないこと、
患者が無理に長期処方を要求しないことが、今一番大切なようです。
(普段は、長ければ半年分までもらえることもあります)
あすか製薬の発表では、4月中旬には工場が再開出来るようです。
いわき市は福島県浜通り、原発から30キロほどの所です。
そうぞ、必要な重油、水が供給されますように。
原発の事故がこれ以上悪い方向に進みませんように。
思わぬ所の、震災被害の話です。

2011年3月16日水曜日

祈りと音楽の集い

1ヶ月以上更新していませんでした。
この間に世界が変わるような思いです。
3月上旬にドイツに5日間ほど行きました。
グレゴリオ聖歌のセミナーと、修道院訪問です。
そのことを、ブログに書きたいと思っている間に、
大変な地震が起きました。
ドイツのことは、もう少し気持ちが落ち着いてからまとめてみたいと思います。

地震には、いろいろなことを考えさせられました。
16年前のことも思い出します。
でも、すべてが流されて行く映像には、
言葉もありません。
今、自分が何をすべきなのかを考え込んでしまいます。

でも、考えてばかりいても仕方が無いので、
与えられた仕事を精一杯にと思いなおします。
上記の集いで、オルガンを弾きます。
バッハの、
「人よ、汝の罪の多いなるを嘆け」
「主イエス・キリストよ、私はあなたに呼びかける。」
「我らが、苦しみの極みにある時」など、
またソプラノ独唱(浅野純加さん)とともに、
フォーレの「Pie Jesu」
カッチーニの「Ave Maria」他と、
神父様のお話と祈りです。
表題のことはもちろん、
すべての方のための祈りになればと思います。